大山家住宅(秋田県山本郡八竜町) おおやまけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 東北 

秋田県
江戸末期/1801-1900
桁行21.8m、梁間12.1m、東面入母屋造、西面寄棟造、中門 桁行6.1m、
梁間7.3m、寄棟造、茅葺
1棟
秋田県山本郡三種町鵜川字飯塚62番地
重文指定年月日:19730223
国宝指定年月日:
重要文化財

八郎潟の近くに位置する中門造りの農家である。 隅木入りせがい造りで、主屋部は土間に続いて 居住部四間、 座敷三間が並ぶ。 前出の嵯峨家住宅の発展した形式であり、 さらに両中門造りへ発展する過程をも示している。中門造りの完成した時期の典型で、きわめて保存もよい。

作品所在地の地図

関連リンク

大山家住宅(秋田県山本郡八竜町)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鈴木家住宅(秋田県雄勝郡羽後町) 主屋
嵯峨家住宅(秋田県秋田市大平目長崎) 主屋
旧奈良家住宅(秋田県秋田市金足小泉)
土田家住宅(秋田県由利郡矢島町)
三浦家住宅(秋田県秋田市金足黒川) 主屋
ページトップへ