文化遺産オンライン

土田家住宅(秋田県由利郡矢島町)

つちだけじゅうたく

作品概要

土田家住宅(秋田県由利郡矢島町)

つちだけじゅうたく

住居建築 / 江戸 / 東北

秋田県

江戸中期/1601-1700

桁行19.7m、梁間10.6m、中門 桁行1.7m、梁間6.6m、寄棟造、茅葺

1棟

秋田県由利本荘市矢島町元町字相庭館9番地

重文指定年月日:19730223
国宝指定年月日:

重要文化財

秋田県の南端、鳥海山北麓にある農家で、現在は中門造りになっているが、もとは直屋である。 平面は土間に「だいどころ」が張出し、座敷は整型四間取りに配される。 指物を用いず、丸刄の釿で仕上げた柱が一間ごとに立ち、古式をもつ。 後世の増築や改造を受けてはいるが、 秋田県下の民家では最古の部類に属する貴重な遺例である。

関連作品

チェックした関連作品の検索