文化遺産オンライン

高木神社 本殿

たかぎじんじゃ ほんでん

概要

高木神社 本殿

たかぎじんじゃ ほんでん

宗教建築 / 室町 / 近畿

滋賀県

室町後期/1512頃

三間社流造、向拝三間、檜皮葺

1棟

滋賀県東近江市蒲生岡本町

重文指定年月日:19150326
国宝指定年月日:

高木神社

重要文化財

高木神社の創立は不詳だが、現在の本殿は厨子扉の銘により永正9年(1512)の建立と考えられる。手挟、拳鼻に穏健かつ豊美な意匠で、建築形式は全体に優雅であり室町時代の神社建築の特徴をよく示す。

高木神社 本殿をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本殿 / 神社 / 滋賀 /

関連作品

チェックした関連作品の検索