気多神社 本殿 けたじんじゃ ほんでん

宗教建築 / 江戸 / 中部 

石川県
江戸後期/1787
桁行三間、梁間四間、一重、両流造、向拝一間、檜皮葺
1棟
石川県羽咋市寺家町
重文指定年月日:19820611
国宝指定年月日:
気多大社
重要文化財

気多神社は古来能登の一の宮として崇敬されてきたもので、摂社若宮神社本殿(永禄十二年<一五六九>)、拝殿(承応三年<一六五四>)、神門(慶長年間)が重要文化財に指定されている。本殿は類例の少い両流造の遺構であり、摂社白山神社本殿は平面に特徴のある三間社流造で、ともに彫刻を多用した細部手法は近世的特色をよく示す。 加賀藩の大工頭清水多四郎の代表作の一つで、地方文化史上の価値も高い。

作品所在地の地図

関連リンク

気多神社 本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

気多神社 摂社白山神社本殿
気多神社 摂社若宮神社本殿
気多神社 拝殿
気多神社 神門
八幡神社 本殿、幣殿、拝殿
ページトップへ