大矢田神社 拝殿 おやだじんじゃ はいでん

その他の画像全4枚中4枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

岐阜県
江戸中期/1671
桁行三間、梁間三間、一重、切妻造、妻入、檜皮葺
1棟
岐阜県美濃市大矢田
重文指定年月日:19890519
国宝指定年月日:
大矢田神社
重要文化財

古代に創建されたと伝える古社で、近世には牛頭天王社と称した。明治初年の神仏分離により寺院の部分は廃され、大矢田神社と改称された。
 現在の本殿、拝殿はともに寛文年間の建立で、本殿の棟札には名古屋の大工の名前が記してある。本殿は大型の三間社流造で、正面に千鳥破風、軒唐破風をつけ、各所に彫刻、極彩色を施すなど派手な意匠になる。拝殿は妻入の特徴ある形式で、尾張地方の大社の拝殿と類似している。
 彫刻を多く用い、極彩色を施した派手な意匠によるこの本殿は、日光東照宮などを除けば、早い時期の遺構であり、同時期に建築した拝殿とともに保存状況もよく、貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

大矢田神社 拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大矢田神社 本殿
気多神社 拝殿
霧島神宮 本殿・幣殿・拝殿
霧島神宮 勅使殿
霧島神宮 登廊下
ページトップへ