吉香神社 本殿 きっこうじんじゃ ほんでん

宗教建築 / 江戸 / 中国・四国 

山口県
江戸中期/1728
三間社流造、正面千鳥破風及び軒唐破風付、檜皮葺
1棟
山口県岩国市横山
重文指定年月日:20041210
国宝指定年月日:
吉香神社
重要文化財

吉香神社は,岩国城址の南麓にあり,岩国藩主吉川氏歴代の神霊を祀る。享保13年(1728)の建築で,現在地へは明治18年に曳家されたが,軸部から小屋組まで当初形式をよく保持している。
 本殿は,三間社流造,千鳥破風,軒唐破風付,檜皮葺である。拝殿は,身舎が
桁行三間,梁間三間,妻入で,両側面に庇を設け,背面に幣殿を接続する。
 吉香神社の建築群は,いずれも充実した細部を備えた丁寧なつくりになる。とくに,本殿と拝殿及び幣殿は独特な形式で,複雑な架構と屋根構成を巧みに纏めており,独自性が認められる。
 全国的にも数少ない神霊を祀る神社建築で,岩国藩大工の高い技量が窺え,地方における江戸中期の優品として,高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

吉香神社 本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

吉香神社 神門
吉香神社 拝殿及び幣殿
吉香神社 鳥居
八幡神社 本殿、幣殿、拝殿
大矢田神社 本殿
ページトップへ