知恩院三門 ちおんいんさんもん

その他の画像全3枚中3枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸前期/1621
五間三戸二階二重門、入母屋造、本瓦葺、両山廊付山廊 各桁行三間、
梁間二間、一重、切妻造、本瓦葺
1棟
京都府京都市東山区新橋通大和大路東入三丁目林下町
重文指定年月日:19020731
国宝指定年月日:20020523
知恩院
国宝

知恩院は,京都東山の山麓にある浄土宗総本山で,伽藍は勢至堂や御廟の建つ上段,本堂など中心建築の建つ中段,三門や塔頭が建ち並ぶ下段からなる。
 三門は,徳川秀忠が元和5年(1619)に建立を発意し,元和7年(1621)に完成し,造営に中井家支配の棟梁があたったことが知られる。
 形式は五間三戸二階二重門で,左右に山廊が付く。構造細部は禅宗様を基調と
し,二階内部は極彩色を施す。
 江戸時代初期における建築技術が最大に発揮され,高い完成度をもつ遺構のひとつとして位置づけられ,建築史上極めて高い価値が認められる。
 現存するうち最大の二階二重門で,かつ装飾も荘厳を極め,我が国の社会に広く影響を及ぼした浄土宗総本山の象徴として,深い文化史的意義を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

知恩院三門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

知恩院本堂(御影堂)
知恩寺 御影堂
東光寺 三門
真宗本廟東本願寺御影堂門
東光寺 鐘楼 三門 総門 大雄宝殿
ページトップへ