浄土寺本堂 じょうどじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 鎌倉 / 中国・四国 

広島県
鎌倉後期/1327
桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、向拝一間、本瓦葺
1棟
広島県尾道市東久保町
重文指定年月日:19130414
国宝指定年月日:19530331
国宝

本堂は正中二年の火災後貞和元年に再建された建物で和様を基調として唐様、天竺様を混用したいわゆる折衷様式に属し、瀬戸内海沿岸諸地方に存するこの種建築の代表的なものである。又年代の確証あるものとしては最古の例に属する。

作品所在地の地図

関連リンク

浄土寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明王院本堂
常称寺 本堂
西郷寺本堂
鑁阿寺本堂
浄土寺阿弥陀堂
ページトップへ