南久保田家住宅ツキアタリ蔵 みなみくぼたけじゅうたくつきあたりぐら

住居建築 / 大正 / 九州 

福岡県
大正/1919~1926
木造2階建、瓦葺、建築面積56㎡
1棟
福岡県うきは市吉井町福永字屋敷160-2
登録年月日:20120223
登録有形文化財(建造物)

米蔵と農業倉庫の間に南北棟で建ち、桁行9.9メートル梁間4.9メートル、木造2階建、切妻造桟瓦葺で、出入口のある東面全長に下屋を付け、薪置場などに区画する。外壁は大壁漆喰塗で腰に竪板を張る。1階は土間で、2階を床板張とする、もと家財蔵。

作品所在地の地図

関連リンク

南久保田家住宅ツキアタリ蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南久保田家住宅古蔵
南久保田家住宅農業倉庫
南久保田家住宅味噌部屋
南久保田家住宅米蔵
南久保田家住宅裏門
ページトップへ