京都大学理学研究科附属地球熱学研究施設火山研究センター(旧京都帝国大学阿蘇火山研究所)本館 きょうとだいがくりがくけんきゅうかふぞくちきゅうねつがくけんきゅうしせつかざんけんきゅうせんたー(きゅうきょうとていこくだいがくあそかざんけんきゅうじょ)ほんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 九州 

熊本県
昭和前/1929年
鉄筋コンクリート造6階建、建築面積681㎡
1棟
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽5280
登録年月日:20120223
国立大学法人京都大学
登録有形文化財(建造物)

阿蘇山麓に建つ火山に関する研究や教育のための施設である。鉄筋コンクリート造、建築面積681平方メートルで、中央部を6階建の塔状とする。傾斜した外壁や異様に太い円柱など、随所に特異な意匠を用いる。昭和初期における日本建築界の様相の一端を示す。

作品所在地の地図

関連リンク

京都大学理学研究科附属地球熱学研究施設火山研究センター(旧京都帝国大学阿蘇火山研究所)本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

京都大学理学部附属地球熱学研究施設
京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター
東京大学先端科学技術研究センター十三号館(旧東京帝国大学航空研究所本館)
米塚及び草千里ヶ浜
矢野家住宅(本宅)倉
ページトップへ