一斗俵沈下橋 いっとひょうちんかばし

近代その他 / 昭和以降 / 中国・四国 

高知県
昭和前/1935
鉄筋コンクリート造9連桁橋、橋長61m、幅員2.5m
1基
高知県高岡郡四万十町一斗俵
登録年月日:20001204
窪川町
登録有形文化財(建造物)

四万十川上流域に架かる橋長61m,幅員2.5mの鉄筋コンクリート造9連桁橋。支間長に応じて桁高を変える。名称は,橋が高水時に水面下に潜ることに由来し,四万十川流域の沈下橋の内,現存最古のもの。渓谷景観と調和した姿が人々に親しまれている。

作品所在地の地図

関連リンク

一斗俵沈下橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

里川橋
木屋ヶ内橋
久喜橋
旧大正林道佐川橋
高岩橋
ページトップへ