旧玉名干拓施設 末広開潮受堤防 たまなかんたくしせつ すえひろびらきしおうけていぼう

近代その他 / 大正 / 九州 

熊本県
大正/1917/1929
石造堤防、延長1296.8m
1所
熊本県玉名市大浜町字末広開、同市横島町横島字神崎尻、同市横島町横島字明豊開、同市横島町横島字大豊
重文指定年月日:20100629
国宝指定年月日:
重要文化財

 旧玉名干拓施設は、明治20年代以降に築かれ、大正期及び昭和初期に発生した潮害後に、熊本県を中心として復旧、改造された海面干拓施設である。
 施設は、末広開、明丑開、明豊開及び大豊開の4所の潮受堤防がほぼ連続的に築かれ、総延長5.2kmに及ぶ。また末広開と明丑開の潮受堤防の間に、樋門が3所築かれている。
 旧玉名干拓施設は、干拓地としてわが国有数の面積を誇る有明干拓地の中で、近代を代表する大規模建造物として価値が高い。また、潮害を克服するために駆使された数々の技術は、大正期・昭和初期におけるわが国の干拓地建設技術を知る上で重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧玉名干拓施設 末広開潮受堤防チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧玉名干拓施設 大豊開潮受堤防
旧玉名干拓施設 明豊開潮受堤防
旧玉名干拓施設 末広開西三枚戸樋門
旧玉名干拓施設 末広開東三枚戸樋門
旧玉名干拓施設 末広開二枚戸樋門
ページトップへ