文化遺産オンライン

十和田ホテル本館

とわだほてるほんかん

概要

十和田ホテル本館

とわだほてるほんかん

近代その他 / 昭和以降 / 東北

秋田県

昭和前/1938

木造一部鉄筋コンクリート造3階建、鋼板葺、建築面積780㎡

1棟

秋田県鹿角郡小坂町十和田湖字鉛山

登録年月日:20030919

秋田県

登録有形文化財(建造物)

十和田八幡平国立公園内の湖畔高台に築かれた県営ホテル。L字形平面で、外装全体に秋田杉を用い,石積基壇上に半割の丸太を配すのが特徴。内部は,玄関吹抜や銘木を用いた巧妙な意匠の室内など見所が多い。昭和前期の大規模木造建築の好例。設計は長倉謙介。

関連作品

チェックした関連作品の検索