中小路家住宅離れ及び内門 なかこうじけじゅうたくはなれおよびうちもん

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1868-1911
離れ 木造平屋建、瓦葺、建築面積20㎡ 内門 木造、瓦葺、面積9.0㎡
1棟
京都府向日市上植野町下川原48
登録年月日:20080418
登録有形文化財(建造物)

離れは主屋東南に位置する。東西棟の切妻造桟瓦葺で、北面に庇を付ける。外壁は腰板張の漆喰塗、内部を居室として利用する。主屋との間に内門と称する、桁行6.0m梁間1.4mの建物を庇と連続して設ける。西面を開放、東面を漆喰壁とし、一部を潜門とする。

作品所在地の地図

関連リンク

中小路家住宅離れ及び内門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

中小路家住宅内蔵
中小路家住宅長屋門
中小路家住宅主屋
中小路家住宅木小屋及び塀
中小路家住宅穀蔵
ページトップへ