瑞巖寺庫裏及び廊下 庫裏 ずいがんじくりおよびろうか くり

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 安土・桃山 / 東北 

宮城県
桃山/1609頃
桁行23.6m、梁間13.8m、一重、切妻造、妻入、本瓦葺、
玄関及び北面庇二ヶ所を含む
1棟
宮城県宮城郡松島町松島
重文指定年月日:19030415
国宝指定年月日:19590627
瑞巖寺
国宝

 瑞巌寺は慈覚大師円仁の創立と伝える古刹で、鎌倉時代に禅宗となり、伊達政宗は慶長14年(1609)に本堂(元方丈)などを再建した。
 庫裏は寺務所や台所などの機能をもつ施設である。禅宗寺院の通例と同じく、この庫裏は切妻造・妻入で煙出のある大屋根を架けた形式で、正面妻に桃山風の唐草装飾をつけ,内部の梁組も豪快である。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞巖寺庫裏及び廊下 庫裏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞巖寺本堂(元方丈)
清白寺庫裏
陽徳院霊屋
本源寺 庫裏
大照院 庫裏
ページトップへ