瑞巖寺本堂(元方丈) ずいがんじほんどう

宗教建築 / 安土・桃山 / 東北 

宮城県
桃山/1609
桁行十三間、梁間右側面八間、左側面八間、一重、入母屋造、本瓦葺、
玄関附属
1棟
宮城県宮城郡松島町松島
重文指定年月日:19000407
国宝指定年月日:19530331
瑞巖寺
国宝

 本堂は慶長九年伊達政宗が延福寺を瑞巖寺と改め自からその再興を行った。伊達政宗が寺を再興した時の方丈で、慶長十四年三月上棟した。
 大規模な方丈建築で、細部絵様及び欄間、扉の彫刻など桃山建築の特色をよく現している。國宝大﨑八幡神社と共に東北に於ける伊達文化の名殘りを示すもので文化史的にも極めて意義が深い。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞巖寺本堂(元方丈)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞巖寺庫裏及び廊下 庫裏
瑞巖寺五大堂
陽徳院霊屋
大崎八幡宮
瑞巖寺御成門
ページトップへ