大崎八幡宮 おおさきはちまんぐう

宗教建築 / 安土・桃山 / 東北 

宮城県
桃山/1607
本殿 桁行五間、梁間三間、一重、入母屋造、こけら葺
石の間 桁行一間、梁間一間、一重、両下造、こけら葺
拝殿 桁行正面七間、背面五間、梁間三間、一重、入母屋造、正面千…
1棟
宮城県仙台市青葉区八幡四丁目
重文指定年月日:19030415
国宝指定年月日:19521122
大崎八幡宮
国宝

大崎八幡神社は伊達政宗によって造営され、慶長12年頃完成した。この建築は豊国廟の建築を模したと伝えられ、隨所に見事な彫刻、彩色をほどこした権現造社殿で、仙台地方に移入された桃山建築の優秀な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

大崎八幡宮チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大崎八幡宮 本殿 石の間 拝殿
大崎八幡宮長床
久能山東照宮 本殿、石の間、拝殿
高良大社 本殿・幣殿・拝殿
東照宮 本殿、石の間及び拝殿
ページトップへ