大崎八幡宮長床 おおさきはちまんぐうながとこ

宗教建築 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸中期/1661-1672頃
桁行九間、梁間三間、一重、入母屋造、正背面中央軒唐破風付、こけら葺
1棟
宮城県仙台市青葉区八幡四丁目
重文指定年月日:19660611
国宝指定年月日:
大崎八幡宮
重要文化財

大崎八幡神社には伊達政宗が建てた社殿(国宝)があるが、長床はその前にある。 元来長床は修験道等における拝殿をさすが、この建物は中央が通路になっている「割拝殿」の形式をもっている。建てられたのは社殿よりもおくれて寛文年間(一六六〇年代)とみられるが、社殿の一環をなす重要な建物である。

作品所在地の地図

関連リンク

大崎八幡宮長床チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大崎八幡宮
正八幡宮 拝殿
東照宮 本殿
貫前神社 拝殿
鹽竈神社 別宮廻廊
ページトップへ