東照宮 本殿 とうしょうぐう ほんでん

宗教建築 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸前期/1654
桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、向拝一間、銅瓦葺
1棟
宮城県仙台市青葉区東照宮一丁目
重文指定年月日:19530331
国宝指定年月日:
東照宮
重要文化財

随身門はすでに指定されている本殿等と同時に建立された三間一戸の楼門で、質がよく、正背面の中央にも組物を備えるなどの特色をもつ。 石灯篭は伊達藩の一族、重臣達が寄進したもので、すべて年号と寄進者の刻銘がある。 社殿境内の一部を形成するものとして重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

東照宮 本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東照宮 随身門
東照宮 唐門
東照宮 透塀
東照宮 鳥居
東照宮 本殿、石の間及び拝殿
ページトップへ