東照宮 本殿、石の間及び拝殿 とうしょうぐう ほんでん、いしのまおよびはいでん

宗教建築 / 江戸 / 関東 

栃木県
江戸前期/1636
本殿 桁行五間、梁間五間、一重、入母屋造、背面向拝一間、銅瓦葺
石の間 桁行三間、梁間一間、一重、両下造、銅瓦葺
拝殿 桁行九間、梁間四間、一重、入母屋造、正面千鳥破…
1棟
栃木県日光市山内
重文指定年月日:19080801
国宝指定年月日:19510609
東照宮
国宝

東照宮は徳川家康の霊廟で、元和3年(1613)に久能山から日光に改葬され、社殿も新設された。現社殿は徳川家光が全面的につくりかえたもので、寛永13年(1636)に完成した。本殿・石の間・拝殿からなる権現造形式で、陽明門なども含め、彫刻・漆塗り・彩色・飾金具等の装飾と建築が一体化し、江戸初期の造形と意匠が集大成されている。

作品所在地の地図

関連リンク

東照宮 本殿、石の間及び拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久能山東照宮 本殿、石の間、拝殿
東照宮 本殿、石の間、拝殿
霧島神宮 本殿・幣殿・拝殿
東照宮社殿 本殿、幣殿、拝殿
妙義神社 本殿・幣殿・拝殿
ページトップへ