小松天満宮 本殿、石の間、幣殿及び拝殿 こまつてんまんぐう ほんでん、いしのま、へいでんおよびはいでん

宗教建築 / 江戸 / 中部 

石川県
江戸前期/1657
本殿 桁行三間、梁間二間、一重、入母屋造、銅板葺
石の間 桁行二間、梁間三間、一重、両下造、銅板葺
幣殿 桁行二間、梁間三間、一重、後面切妻造、前面拝殿に接続、銅板葺…
1棟
石川県小松市天神町2番地
重文指定年月日:19610607
国宝指定年月日:
小松天満宮
重要文化財

明暦三年(一六五七)に北野天満宮を分祀したところで、大工は同じく山上善右衛門である。北野天満宮と同じく複雑な社殿である。

作品所在地の地図

関連リンク

小松天満宮 本殿、石の間、幣殿及び拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小松天満宮 神門
三嶋大社本殿、幣殿及び拝殿
東照宮社殿 本殿、幣殿、拝殿
妙義神社 本殿 幣殿 拝殿 附神饌所 附透塀 唐門 総門
日御碕神社 日沈宮(下の宮)幣殿、拝殿
ページトップへ