旧東北砕石工場 きゅうとうほくさいせきこうじょう

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 東北 

岩手県
大正/1924
木造・鉄骨造平屋建、亜鉛メッキ鋼板葺、建築面積751㎡
1棟
岩手県一関市東山町松川字滝ノ沢平117-1他
登録年月日:19961220
一関市
登録有形文化財(建造物)

土壌改良剤としての石灰を製造するため,石灰岩の砕石を行う施設として建設された。トラス組の小屋組に片流れの屋根をかけた簡素な造りになるが,土壌改良等農業生産の向上に努めた宮沢賢治との関係があることでも知られる砕石工場の遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧東北砕石工場チェックした作品をもとに関連する作品を探す

愛知製鋼刈谷工場旧試作工場西棟(旧豊田自動織機製作所自動車部試作工場)
旧小坂鉱山工作課原動室
横屋酒造釜場
田島漆店旧工場詰場
森九商店仕込蔵
ページトップへ