雨情茶屋離れ(野口雨情旧居) うじょうちゃやはなれ(のぐちうじょうきゅうきょ)

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

栃木県
昭和前/1930頃/2000移築
木造平屋建、瓦葺、建築面積75㎡
1棟
栃木県宇都宮市鶴田町字長峰1744-28
登録年月日:20051110
登録有形文化財(建造物)

県道宇都宮・鹿沼線沿いに北面して建つ。桁行6間,梁間4間規模,入母屋造,桟瓦葺の木造平屋で,外壁を下見板張とする。居室4室と台所,浴室を配する昭和初期の住宅建築で,童謡詩人・野口雨情の終焉の住まいで,「雨情旧居」として地域に親しまれている。

作品所在地の地図

関連リンク

雨情茶屋離れ(野口雨情旧居)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

原田家住宅店舗
舘野家住宅主屋
宇都宮大学峰ヶ丘講堂(旧宇都宮高等農林学校講堂)
宇都宮白楊高校旧講堂
櫻井肥料店主屋
ページトップへ