鶴崎踊 つるさきおどり

無形民俗文化財 / 九州 

選定年月日:19861217
保護団体名:鶴崎おどり保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 鶴崎踊は、大分市鶴崎の地に古くから伝承されてきた盆の踊りで、この地域一帯に広く流布している盆踊を代表するものである。『大友記』『西国盛衰記』の古記に、大友義鎮【よししげ】(大友宗麟)が、酒色にふけり、傾城傾国のおそれがあるのを憂えた家臣戸次伯耆守鑑連【あきつら】が、京都から呼び下した美しい踊子に「三つ拍子」という踊りを踊らせ、これに興を抱いた義鎮公に諫言してその乱行を止めさせたといわれる記事があり、今日の鶴崎踊の二種の踊りの一つである「左衛門」は古くから「三つ拍子」とも呼ばれているので、その当時からの伝承との関連も考えられている。この鶴崎の地は、肥後五十四万石細川藩主参勤交替時の船着場であり、また、京都、大阪をはじめ瀬戸内海の各地との交易が盛んであった良港でもあったので、早くから中央との文化交流があり、これらが優雅な盆踊を定着させた要因になったとみられている。
 この踊りは、かつて各町の若連中が主催し、盆の前後にそれぞれの町筋の道路に屋台を設けて踊られたが、大正期からは一か所にまとまって盛大に踊られるようになった。享和三年(一八〇三)の脇蘭室『鶴崎夜話』に俄狂言や地芝居などの装いをする者があるが、これは禁止した方がよいと書かれているように、昔から仮装踊の傾向があったのであるが、大正年間に老舗の先代の初盆の供養踊をコンクール形式で行ったところから、この仮装踊が一層盛んとなって今日に至っている。
 踊りの種類には「左衛門」と「猿丸大夫」の二種類がある。「左衛門」は、祭文の転訛とみられる口説音頭による踊りであり、「猿丸太夫」は伊勢踊の系譜につな…

関連リンク

鶴崎踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西馬音内の盆踊
西馬音内の盆踊
白石踊
対馬厳原の盆踊
白石踊
ページトップへ