寺村徳夫家住宅離れ てらむらのりおけじゅうたくはなれ

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

高知県
明治/1868-1911
木造平屋建、瓦葺、建築面積25㎡
1棟
高知県安芸市土居993-1
登録年月日:20050712
登録有形文化財(建造物)

蔵の東に接して東西棟で建つ。切妻造,桟瓦葺の木造平屋建で,桁行4間半梁行2間半の平面規模を有する。内部は東方を土間,西方を床上部とし,外部北面は真壁造で,腰に縦板を張り,南面の土間庇は井戸を覆う。主屋背後,屋敷地北部を構成する要素のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

寺村徳夫家住宅離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

寺村徳夫家住宅長屋門
野村典男家住宅主屋
寺村徳夫家住宅主屋
森澤家住宅主屋
野村隆男家住宅納屋
ページトップへ