田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 主屋 たなかけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

徳島県
江戸末期/1865
桁行16.7m、梁間12.0m、寄棟造、茅葺、四面庇付、本瓦葺、
北面下屋附属、鉄板葺、
北面突出部 桁行5.0m、梁間4.8m、切妻造、北面庇付、本瓦葺
1棟
徳島県名西郡石井町藍畑字高畑705番地
重文指定年月日:19760203
国宝指定年月日:
重要文化財

田中家は代々藍商を営み、南北約五十メートル、東西約四十メートルの広大な屋敷地に主屋をはじめ藍納屋、藍寢床、番屋などの藍製造の際使用される建物が並ぶ。
 この住宅は藍商の風格ある建物である。屋敷地も近世藍商の姿を知るうえで建造物と一体をなすものとして貴重であるのであわせて指定した。

作品所在地の地図

関連リンク

田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 表門
田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 南藍寝床
田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 北藍寝床
田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 番屋
田中家住宅(徳島県名西郡石井町) 味噌部屋
ページトップへ