牧野車塚古墳 まきのくるまづかこふん

古墳 / 近畿 

大阪府
枚方市小倉東町
指定年月日:19220308
管理団体名:枚方市(大11・11・7)
史跡名勝天然記念物

前方後圓型ニシテ東面ス前後ノ直徑約五十二間環隍ニ水ナシ前方部ノ前端ニハ發掘ノ跡殊ニ著シク圓筒埴輪ノ破片散在ス
S54-12-049[[牧野車塚古墳]まきのくるまづかこふん].txt: 牧野車塚古墳は、枚方台地の北縁に沿って標高22メートル余りのところに築かれた古墳時代中期の前方後円墳である。主軸は地形と平行する東西方向であり、全長107.5メートル、後円部の直径54.5メートル、前方部の幅44メートルを測る。墳丘の周りに濠をめぐらし、西と南には外堤を設けている。墳丘と周濠東側は大阪府北部の代表的な古墳として大正11年に指定されている。
 昭和54年10月、追加指定するところは、枚方市が公有化した周濠の南側と、昭和53年に発掘調査で確認した墳丘西側の外濠部分であり、これにより、全周のうち約3分の2が指定されることになる。

作品所在地の地図

関連リンク

牧野車塚古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

禁野車塚古墳
五色塚(千壺)古墳<BR/>小壺古墳
黒姫山古墳
御塚・権現塚古墳
久津川古墳群<BR/> 久津川車塚古墳<BR/> 丸塚古墳<BR/> 芭蕉塚古墳<BR/> 久世小学校古墳
ページトップへ