Rakurakusonihonkan

楽々荘日本館

Details

Rakurakusonihonkan

楽々荘日本館

住居建築 / 明治 / 近畿

京都府

明治/1898頃

木造平屋建,瓦葺,建築面積235㎡

1棟

京都府亀岡市北町44

登録年月日:19970612

株式会社保津川観光ホテル楽々荘

登録有形文化財(建造物)

和館部は、当初は主人室、夫人室として使用されていたと伝える。平屋建だが、屋根は庇屋根を廻し二重とする。主人室・夫人室の室内意匠を変えており、とくに両室のトコ㎡棚の構成や用いられた材料の扱い等に技術㎡技能の水準の高さを見ることができる。

Related Works

Search items related to work chosen