河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)陶房 かわいかんじろうきねんかん(きゅうかわいかんじろうてい)とうぼう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

京都府
昭和前/1929頃
木造平屋建、瓦葺、建築面積54㎡
1棟
京都府京都市東山区馬町通大和大路東入鐘鋳町569他
登録年月日:20000428
登録有形文化財(建造物)

土間(現休憩室)と板間の2室からなる平屋。板間は椅子式生活用の低床部と、座敷生活用の高床部とに分かれ、高床部に轆轤を置いていた。主屋新築に先立って建設されたと伝える。室内床を二段構成とする手法は主屋の広間とも共通する。

作品所在地の地図

関連リンク

河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)陶房チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)主屋
河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)小間
河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)素焼窯
河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)登り窯
武者小路千家茶室弘道庵
ページトップへ