河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)登り窯 かわいかんじろうきねんかん(きゅうかわいかんじろうてい)のぼりがま

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1868-1911
煉瓦造、奥行15m、幅4.8m
1棟
京都府京都市東山区馬町通大和大路東入鐘鋳町569他
登録年月日:20000428
登録有形文化財(建造物)

屋敷地東端に位置するレンガ造の登り窯で、木造平屋建の上屋が架かる。築造沿革は明らかでないが、大正9年に清水六兵衛から譲り受けた後、9室であった窯を8室に改めている。五条坂地区の京焼・清水焼の登り窯遺構として現存する数少ないもの。

作品所在地の地図

関連リンク

河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)登り窯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)素焼窯
河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)小間
河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)主屋
河井寬次郎記念館(旧河井寬次郎邸)陶房
小川文齋家住宅登り窯
ページトップへ