竹原古墳 たけはらこふん

古墳 / 九州 

福岡県
宮若市宮田
指定年月日:19570222
管理団体名:宮若市(昭32・8・1)
史跡名勝天然記念物

丘陵の突端に営まれている墳丘で、基底径約17メートル、高さ約6メートルを有する円墳とみなされる。南面して横穴式石室があり羨道の一部は欠失しているが、前室及び後室をそなえている。これらの側壁は割石によって積築され、後室は長さ約2.70メートル、幅約2.20メートル、高さ約3メートル、前室は長さ約1.20メートル、幅約1.60メートル、高さ約2.20メートルを有する壮大なもので、奥壁のほぼ中央上部には石棚が設けられ、その下半部の壁面は高さ約1.50メートル、横幅約2メートルの巨大な一枚石を主としている。この部分のほぼ■されている。この図様は左右に■羽状のものを立て下方に波形文を設け、中間に三角連続文・舟・動物・人物等が配されており、その色彩は赤及び黒の二色より成り、壁面の地肌を巧みに利用して効果的な配色を示している。又前室にも後室に通ずる部分の左右2面の部分にそれぞれ動物図文が画かれている。
これらの絵画はよく流暢な筆致を示しており、特異な図様と妙味ある配色と相俟って、わが国におけるこの種の古墳壁画の中においてもきわめて優秀なものであり、学術上の価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

竹原古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弁慶ヶ穴古墳
永安寺東古墳・永安寺西古墳
法恩寺山古墳群
水泥古墳
下馬場古墳
ページトップへ