金沢城土蔵(鶴丸倉庫) かなざわじょうどぞう(つるまるそうこ)

城郭建築 / 江戸 / 中部 

石川県
江戸末期/1848
土蔵造、桁行二一・八メートル、梁間一四・六メートル、二階建、切妻造、桟瓦葺
1棟
石川県金沢市丸の内71番18
重文指定年月日:20080609
国宝指定年月日:
石川県
重要文化財

 金沢城土蔵は、金沢城本丸の北側に、嘉永元年(1848)に建築された大型土蔵で、鶴丸倉庫とも呼ばれている。土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺で、もとは武具蔵として建てられ、加賀藩大工山本勝左衛門が普請を手がけた。
 金沢城土蔵は、広大な内部空間を有し、腰の石張など金沢城の土蔵に特徴的な技法も併せ持っている。また城郭内に現存する近世の土蔵として希少な遺構であるとともに、武具蔵という用途が明らかで、なおかつ、その機能に則した造作がみられる点においても、高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

金沢城土蔵(鶴丸倉庫)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金沢城跡
忠谷家住宅 背戸蔵
聖興寺北土蔵
喜多家住宅(石川県野々市市本町) 道具蔵
旧鯖波本陣石倉家住宅(旧所在 福井県南条郡南条町) 土蔵
ページトップへ