旧登米高等尋常小学校校舎 とめこうとうじんじょうしょうがっこうこうしゃ

近代その他 / 明治 / 東北 

宮城県
明治/1888
木造、建築面積841.7m2、二階建、桟瓦葺
1棟
宮城県登米市登米町寺池桜小路6番地
重文指定年月日:19810605
国宝指定年月日:
登米町
重要文化財

明治六年に開校され、同二十一年移転して現在地に建築されたものである。設計者は宮城県技手山添喜三郎で、彼はその頃の県下の公共建築を数多く手掛けている。
 木造、二階建、建築面積八四一、七平方メートル、平面はコの字形で吹抜けの片廊下式とし、下見板張りの外壁に引違い窓を連続させて採光面積を大きくとり、装飾が少い。初期の擬洋風とは違った和洋折衷の様式をもっており、明治時代の学校建築の流れを知る上に重要な遺例である。また、地方文化を示す建築としても意義が深い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧登米高等尋常小学校校舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧登米高等尋常小学校校舎
旧群馬県衛生所
旧松本高等学校 本館
旧松本高等学校 講堂
旧遷喬尋常小学校校舎
ページトップへ