移情閣 いじょうかく

住居建築 / 大正 / 近畿 

兵庫県
大正/1915
木骨コンクリートブロック造、建築面積105.7m2、八角三階建、
正面玄関ポーチ付、側面階段室付、スレート葺及び銅板葺
1棟
兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
重文指定年月日:20011114
国宝指定年月日:
兵庫県
重要文化財

移情閣は,神戸を中心に活躍した華僑の呉錦堂が,舞子ヶ浜にあった別荘の一部として,大正4年に建設した。呉錦堂と親交が深かった孫文は,数回ここを訪れており,これに因んで,現在は孫中山記念館として活用されている。
 形式は八角三階建で,総高は約24.1mである。構造は木造軸組を建て,外壁にはコンクリートブロックを軒裏まで積み上げている。
 内部は各階とも床が板張,壁面が下部を腰板張,上部を金唐革紙の壁紙張として共通するが,天井等は各階毎に変化をつける。
 移情閣は,八角三階建という類例の少ない形式ながら,端正な比例構成を持ち,内部も各階毎に異なる意匠でよくまとめられ,高く評価できる。
 また,最初期のコンクリートブロックを用いた建築で,その構法や技術を伝える遺構としても重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

移情閣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎
山形県旧県庁舎及び県会議事堂 旧県庁舎
天鏡閣 本館
北海道庁旧本庁舎
旧武藤家別邸洋館
ページトップへ