臨江閣 本館 りんこうかく ほんかん

その他の画像全3枚中3枚表示

近代その他 / 明治 / 関東 

群馬県
明治/1884
木造、建築面積316.56㎡、二階建、一部平屋建、桟瓦葺
1棟
群馬県前橋市大手町三丁目1番2
重文指定年月日:20180817
国宝指定年月日:
前橋市
重要文化財

臨江閣は,旧前橋城の一角の景勝地に所在する。本館と茶室は明治17年に賓客の接待施設として,別館は同43年に連合共進会の貴賓館として建てられ,いずれも内外ともに簡明な和風の意匠でまとめられている。本館内部は,上下階と奥座敷部の各所に座敷を設け,能舞台の設えをもち,庭に茶室を併設するなど,明治前期における貴顕接待施設の様相を示す。別館は大規模な2階建で,内部は,大人数や多目的での利用を想定して座敷,洋間,180畳の大広間を設け,大空間を実現するために床組を鋼材で補強するなど,近代的な構造手法を併用する。資料等により建設背景も明らかで,明治期の地方における迎賓施設の展開を理解する上で高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

臨江閣 本館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

臨江閣 茶室
臨江閣 別館
旧賓日館 本館
旧賓日館 土蔵
旧賓日館 大広間棟
ページトップへ