塩原家住宅 主屋 しおばらけじゅうたく おもや

その他の画像全7枚中7枚表示

住居建築 / 大正 / 関東 

群馬県
大正/1912
木造、建築面積434.4㎡、三階建、桟瓦葺、西面離れ附属、桟瓦葺、南面張出附属、北面下屋附属、金属板葺
1棟
群馬県前橋市田口町472番地1
重文指定年月日:20191227
国宝指定年月日:
重要文化財

塩原家住宅は,前橋市の北西部,利根川左岸に所在する蚕種(蚕の卵)を製造した農家である。明治時代に製糸業が盛んになると,蚕種の需要も急増し,大正元年に三階建ての主屋を新築した。換気を重視する飼育法のために,大棟全長におよぶ越屋根をあげた総櫓とする。一階は居住専用とし,二階で蚕の幼虫を,三階で成虫を飼育した。窓上,窓下にも換気口を設け, 通気を細やかに調整する。敷地内には,近世に遡る裏蔵,明治末期の稲荷社がある。また,敷地内には戦後の事業拡張期に整備された蚕種製造施設も残る。
塩原家住宅の主屋は三階建てで,各階の用途を明確に使い分ける特徴がある。明治時代に様々に工夫された蚕種製造農家の発展を示し,高い価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

塩原家住宅 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

塩原家住宅 裏蔵
塩原家住宅 稲荷社
伊達の蚕種製造及び養蚕・製糸関連用具
金井義明家住宅主屋
伊藤家住宅 主屋
ページトップへ