文化遺産オンライン

舞楽装束 下襲

ぶがく

作品概要

舞楽装束 下襲

ぶがく

染織 / 日本

日本

江戸時代/18世紀〜19世紀

絹 綾地 刺繍

身丈253 cm  裄97.5 cm

1領

〒252-8538 神奈川県相模原市南区麻溝台1900

染織・装身具 日本(1900年以前)

女子美術大学

平舞の常装束の下襲。半臂の下に着用する裾の長い衣裳。平舞は数人が舞具を持たずに穏やかに舞う場合が多く「文の舞」とも呼ばれる。平舞では、舞楽面はつけずに常装束で行う場合が多く、袍・半臂・下襲・赤大口・表袴・紅単、忘緒・鳥兜・石帯・鳥兜・踏懸・襪・糸鞋が用いられる。装束の模様には菱・窠文・唐花・鳳凰などの有識模様*が多く、染織技法では同じく有識織物*に見られる錦・綾・浮織物・刺繍が多いことからも公家の染織文化が反映されている。

*有識模様・有識織物 平安時代以降に公家階級により用いられた模様や織物で、中国から伝えられた模様や織物を和様化したもの。

旧カネボウコレクション2201-2 

舞楽装束 下襲をもっと見る

女子美アートミュージアムをもっと見る

キーワード

有識 / 鳥兜 / 織物 /

関連作品

チェックした関連作品の検索