石山寺 御影堂 いしやまでら みえいどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 室町 / 近畿 

滋賀県
室町中期/1393-1466
正面三間、側面三間、背面張出附属、一重、宝形造、檜皮葺
1棟
滋賀県大津市石山寺
重文指定年月日:20081202
国宝指定年月日:
石山寺
重要文化財

 石山寺は、大津市内に所在する真言宗寺院で、平安時代建立の本堂を中心とした伽藍をもつ。
 室町期創建の御影堂は、慶長期に洗練された外観に整備された。三十八所権現社本殿は慶長7年(1602)の建築で、華麗な彫刻や彩色で装飾され、その拝殿として同時に建てられた蓮如堂とともに、寺院における鎮守社の構成を伝える遺構として貴重である。経蔵を含めたこれらの建物群は、石山寺の独特な伽藍を形成した、慶長期の復興造営の様相を伝える建築物として高い歴史的価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

石山寺 御影堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石山寺 三十八所権現社本殿
石山寺 蓮如堂
石山寺 経蔵
金剛寺 五仏堂
金剛寺 鎮守社拝殿
ページトップへ