中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画/1ページ

歴史資料  文書・書籍 / ヨーロッパ 

Le Coq, Albert von
ドイツ・ベルリン
1924
版本
45x35cm
1冊
所蔵:東洋文庫

壁画技術入門 トゥルキスタンのように内面的な宗教性に満ちた国で、西暦数百年の間に仏教が伝来した他の仏教国と同じく、奉納のために宗教をテーマとした絵画や彫刻に対する需要が強まったのは当然である。信心深い人々は人生のあらゆる節目にその恨みを和らげたり、安寧を手に入れたりするために神に感謝を捧げた。その目的を果たすために、裕福な人々は極彩色の絵やレリーフ像で埋め尽くされた礼拝堂を寄進した。それほど裕福でない人々は個々の絵画やレリーフ像、あるいは様々な大きさの寺院旗を寄進した。

作品所在地の地図

関連リンク

中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画/1ページチェックした作品をもとに関連する作品を探す

中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画II/1ページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 マニ教細密画/1ページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画II/カバーページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 新しい絵画III/カバーページ
中央アジアにおける後期古代仏教文化 壁画の図解/カバーページ
ページトップへ