鏡の前の装い かがみのまえのよそおい

油彩画 

ルージュロン、ジュール・ジェーム (1841-1880)
るーじゅろん、じゅーる・じぇーむ
フランス
1877年
油彩、カンヴァス
58.5×40.0cm
1

化粧室の鏡の前で、一人ポーズをとる若い貴婦人。これから始まる夜会の身支度であろうか、髪飾りのレースを喉もとでゆるく結ぼうとしている場面である。描かれた衣装や小道具が、女性のいくぶん高揚した気分や、うっとりとした表情の引き立て役となっている。 バルザックやスタンダールの恋愛小説の主人公が身を焦がしたのもこのような部屋であった。「化粧する女」という主題は、フォンテーヌブロー派の時代から愛好されてきたが、本作も甘美な親密さがあふれている愛らしい作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

鏡の前の装いチェックした作品をもとに関連する作品を探す

フローラ
フローラ

デュボワ、アンブロワーズ

読書する女
読書する女

ルノワール、ピエール=オーギュスト

ヴィーナスの勝利
ヴィーナスの勝利

ブーシェ、フランソワ

フェルテ=アンボー侯爵夫人
フェルテ=アンボー侯爵夫人

ナティエ、ジャン=マルク

ユスーポフ公爵夫人
ユスーポフ公爵夫人

ヴィジェ=ルブラン、エリザベート=ルイーズ

ページトップへ