旧伊庭家住宅(住友活機園) 新座敷 いばけじゅうたく(すみともかっきえん) しんざしき

住居建築 / 大正 / 近畿 

滋賀県
大正/1922
木造、建築面積44.13m2、桟瓦及び銅板葺
1棟
滋賀県大津市田辺町10番14号
重文指定年月日:20020523
国宝指定年月日:
住友林業株式会社
重要文化財

旧伊庭家住宅は,瀬田川右岸の琵琶湖を見下ろす丘にあり,住友本店の総理事を務めた伊庭貞剛が明治37年の引退後,活機園と称して居住した住宅である。
 洋館,和館,東蔵,西蔵,正門は明治37年建築,新座敷は大正11年増築である。
 洋館は野口孫市の設計で,明快な平面構成をもち,全体が質実かつ完成度の高い意匠である。和館は大工棟梁2代目八木甚兵衛の手になり,良材を用いながら装飾を抑制した落ち着いた意匠でまとめられた質の高い和風建築である。
 旧伊庭家住宅は,それぞれ野口孫市と八木甚兵衛の代表作の一つである洋館と和館が残り,明治後期の邸宅の姿を今に伝える希有な例として重要である。
 主要な建物の建つ部分は敷地のほぼ全体が旧状のまま残るのも貴重で,宅地及びの山林を含め,一括して保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

旧伊庭家住宅(住友活機園) 新座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧伊庭家住宅(住友活機園) 和館
旧伊庭家住宅(住友活機園) 東蔵
旧伊庭家住宅(住友活機園) 洋館
旧広瀬家住宅 新座敷
旧広瀬邸
旧広瀬邸

八木甚兵衛(二代目)

ページトップへ