大聖寺宮御殿 だいしょうじみやごてん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸/1751-1830/1825頃改修
木造平屋建、瓦葺、建築面積322㎡
1棟
京都府京都市上京区烏丸通上立売下る御所八幡町109-1
登録年月日:20110126
宗教法人大聖寺
登録有形文化財(建造物)

境内中央に南面して建つ。入母屋造の西棟と東に続く切妻造の東棟からなる。東棟は前後列各四室からなり、数寄屋風意匠になる。西棟はトコや違棚を構える主室ほか四室を田の字型に配し、周囲に畳縁を設ける。近世における尼門跡寺院の御殿の形態を伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

大聖寺宮御殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大聖寺残月亭
大聖寺本堂
大聖寺玄関
大聖寺渡り廊下
大聖寺表門
ページトップへ