柿ノ木平遺跡出土伏甕 かきのきだいらいせきしゅつどふせがめ

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 縄文 / 東北 

岩手県
縄文時代中期後葉
「伏甕」とは,底部を穿孔または打ち欠きをした深鉢形土器を倒立させて竪穴住居の床面下に埋設したものである。埋設される深鉢型土器は,伏甕専用に作られた土器ではなく,日常的に…
別紙一覧表参照
1件20点
盛岡市遺跡の学び館   岩手県盛岡市本宮字荒屋13-1
盛岡市指定
指定年月日:20140227
盛岡市
有形文化財(美術工芸品)

岩手県盛岡市浅岸 柿ノ木平遺跡出土。
柿ノ木平遺跡出土の伏甕は,昭和初期に市内で初めてその存在が確認された伏甕である。その後の発掘調査によって出土した点数は,市内の縄文中期の遺跡の中でも群を抜いて多い。また,遺跡全体の詳細な発掘調査によって,これまで不明な点が多かった伏甕の時期や竪穴住居内での埋設位置・方法が明確になった事例であり,盛岡周辺域における縄文時代中期の人々の風習を解明する上で欠かせない貴重な資料である。

関連リンク

柿ノ木平遺跡出土伏甕チェックした作品をもとに関連する作品を探す

深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
新潟県村尻遺跡出土品
和台遺跡
山梨県酒呑場遺跡出土品
不動堂遺跡
ページトップへ