旧外川家住宅(山梨県富士吉田市上吉田) 離座敷 きゅうとがわけじゅうたく はなれざしき

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 中部 

山梨県
江戸末期
桁行15.5メートル、梁間8.2メートル、切妻造、東西各面下屋附属、鉄板葺、渡廊下 桁行4.5メートル、梁間3.0メートル、南面下屋附属、切妻造、鉄板葺
1棟
山梨県富士吉田市上吉田三丁目503番地
重文指定年月日:20110620
国宝指定年月日:
重要文化財

旧外川家住宅は、富士吉田市街に所在する富士山(ふじさん)御師(おし)の住宅である。街路から奥まった敷地に、主屋と離座敷が前後に並び建つ、富士山御師住宅の典型的な屋敷構えをもつ。
 主屋は明和5年(1768)の建築で、年代の明らかなものとしては最も古い富士山御師住宅の遺構である。また江戸末期の建築とみられる離座敷は、中央部に神殿を備え、背面に上段の間をつくるなど、富士信仰の流行とともに発展した姿をよくとどめており、この点でも高い歴史的価値が認められる。
 このほか中門や水路なども、特徴的な敷地割とともに良好に保存されており貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧外川家住宅(山梨県富士吉田市上吉田) 離座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧外川家住宅(山梨県富士吉田市上吉田) 中門
旧外川家住宅(山梨県富士吉田市上吉田) 主屋
小佐野家住宅(山梨県富士吉田市上吉田) 主屋
忠谷家住宅 主屋
原家住宅主屋
ページトップへ