荒新切遺跡出土土器 あらじんきりいせきしゅつどどき

土器・土製品類 / 古墳 / 中部 

不明
愛知県
古墳時代中期
土師器
15個
愛知県知立市南新地二丁目3-3
知立市指定
指定年月日:20160318
有形文化財(美術工芸品)

荒新切遺跡は、昭和41年に名古屋大学による発掘調査がなされた。その際、古墳時代中期の竪穴住居跡から出土した土器は「荒新切期」として土器編年の基準資料となったことで知られる。本資料はそれとほぼ同時期のものである。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

荒新切遺跡出土土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柿ノ木平遺跡出土伏甕
札幌市K-446遺跡出土の遺物
東海道池鯉鮒宿宿並図
山梨県酒呑場遺跡出土品
串田新遺跡
ページトップへ