Suounadakantakuiseki
Takatomarikaisakuhamagochokarahi
Natashimashinkaisakunambanhi

周防灘干拓遺跡
 高泊開作浜五挺唐樋
 名田島新開作南蛮樋

Details

Suounadakantakuiseki
Takatomarikaisakuhamagochokarahi
Natashimashinkaisakunambanhi

周防灘干拓遺跡
 高泊開作浜五挺唐樋
 名田島新開作南蛮樋

史跡 / 中国・四国

山口県

山陽小野田市西高泊、山口市大字名田島

指定年月日:19960328
管理団体名:山陽小野田市(平15・9・30),山口市(平15・9・30)

史跡名勝天然記念物

H5-12-11[[名田島]なたじま]新開作南蛮樋.TXT: 干満差が大きく遠浅な海岸、特に湾入部で河口に近く、干潟が発達した場所では、古来より干拓が行われてきた。有明海、八代海、瀬戸内海、伊勢湾、三河湾、東京湾などはその代表的な事例である。瀬戸内海のうち、西端の周防灘に面した地域でも、積極的な干拓(この地方では開作とよぶ)が行われてきた。近世においてそれを実施したのは、主として萩藩(長州藩)であった。
 まず高泊開作は、高泊湾を干拓したもので、寛文8年(1668)の汐止めによって完成した。400町歩の規模をもつ、萩領内における最大規模の開作である。萩藩の直営事業として当職(萩藩国家老)毛利就方が発起し、船木代官楊井春勝(三之充)が工事を主管した。汐止め20年後の貞享4年(1687)には、有帆口、高須、平原、鳥帽子岩、櫛山、横土手といった新しい集落が形成されており(厳島竜王社「祭事神役割」)、享保19年(1734)編纂の萩藩地誌『地下上申』では、高泊開作の石高4,449石余とある。
 この干拓は規模が大きかったため、排水樋門の数・形態にも年を追っての変遷がある。すなわち当初は有帆川の澪筋(干潟内の河川流路)に石壁土垣で樋門をを設けたが、汐止めの2、3年後(寛文10〜11年)、これを廃し、堤防西端の八幡山麓を掘削してさらに2か所の樋門を設けた。そのうち1つは八幡山東麓の三挺唐樋で、安政4年(1857)山麓の岩盤をさらに切り開いて五挺唐樋に増設し、翌五年には排水口周辺の岩盤を除去して排水効率を高めた。これが現在に残る浜五挺唐樋で、当時はこれを新石唐樋とよんだ(「普請…

Related Works

Search items related to work chosen