清良記(高串本) せいりょうき(たかくしぼん)

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / 愛媛県 

江戸時代/享保16(1731)年写
典籍
27.0cm×18.5cm(各冊)
一式
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
個人蔵(愛媛県歴史文化博物館寄託)

三間郷(宇和島市三間町)の大森城主土居清良の事跡をもとに後世に編纂された軍記物語。慶安3(1650)年〜承応2(1653)年の間に、土居水也たち清良の子孫の手により作られた。清良を主人公に合戦などの出来事が描かれており、南予地域の城郭やその周辺での合戦の記述も多い。「清良記」の原本は現在確認できず写本のみであるが、この写本(高串本)は年次記載のあるものの中では最も古い写本である。

作品所在地の地図

関連リンク

清良記(高串本)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高串土居家文書
高串土居家文書

河野通直(牛福)ほか

紺糸威二枚胴具足
紺糸威二枚胴具足

(伝)土居清良所用

伊予国宇和郡石城竹城絵図
後三年合戦絵巻
八幡宮御祭礼画図
ページトップへ