東武鉄道新高徳駅プラットホーム及び上家 とうぶてつどうしんたかとくえきぷらっとほーむおよびうわや

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 昭和以降 / 関東 

栃木県
昭和前/1929
プラットホーム 石造、延長125m 上屋 鉄骨造、スレート葺、建築面積136㎡
1棟
栃木県日光市高徳465
登録年月日:20171027
東武鉄道株式会社
登録有形文化財(建造物)

下野電気鉄道が、下今市~新高徳間及び矢板線の軌間を改軌し、新高徳駅を改修した際に造られたもの。延長一二五メートル、玉石積盛土式のプラットホームで、上屋は古レールを用い、当初部分梁端部には円形装飾を付ける。地域の近代化を物語る構造物である。

作品所在地の地図

関連リンク

東武鉄道新高徳駅プラットホーム及び上家チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東武鉄道大桑駅プラットホーム
東武鉄道大谷向駅下りプラットホーム
東武鉄道小佐越駅プラットホーム
東武鉄道大谷向駅上りプラットホーム
東武鉄道下今市駅旧跨線橋
ページトップへ