富山土人形「福徳」 とやまつちにんぎょう「ふくとく」

民俗 / 昭和以降 / 富山県 

渡辺信秀
わたなべのぶひで
昭和期
土,胡粉,顔料・彩色
【1】宝珠(幅2.5cm×奥行1.9cm×高さ2.9cm)
【2】招き福助(幅2.1cm×奥行1.3cm×高さ2.4cm)
【3】鳥(幅3.8cm×奥行2.5cm×高さ2.0cm)
【4】鯛(幅3.5cm×奥行1.9cm×高さ1.2cm)
【5】布袋(幅2.3cm×奥行1.5cm×高さ1.9cm)
【6】犬(幅3.3cm×奥行1.7cm×高さ1.8cm)
【7】山(幅2.8cm×奥行1.9cm×高さ1.8cm)
【8】蟹(幅2.8cm×奥行1.9cm×高さ0.9cm)
【9】打ち出の小槌(幅3.4cm×奥行1.5cm×高さ1.8cm)
9
富山県高岡市古城1-5
高岡市

 渡辺信秀作の富山土人形である。
 鯛や布袋、犬などの種類がある。いずれも2cm前後の極小型で、福徳人形と呼ばれる。

作品所在地の地図

関連リンク

富山土人形「福徳」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

富山土人形「鯛乗童子」
富山土人形「福助」
富山土人形「官女」
富山土人形「豊年踊」
富山土人形「犬」
ページトップへ