本遠寺の大クスノキ ほんのんじのおおくすのき

植物 / 中部 

山梨県
根部は広く張り、地上より約4.0mで3幹に分かれている。元々5幹あり、北側2幹は枯れた痕跡があり、その痕跡の周りは大きな瘤になっている。従って根本周りよりも上部の枝分かれ…
南巨摩郡身延町大野893
山梨県指定
指定年月日:
本遠寺
記念物

クスノキは常緑高木、樹皮は暗黄褐色から灰褐色。大きな樹冠をつくる。関東地方以西、韓国の済州島、台湾、中国南部、インドシナ半島に分布するが、古くから寺院や神社などに植えられ自生の範囲が明確でない。
 山梨県内のクスノキは、富士川流域に巨木が見られる。すべて植栽木である。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

本遠寺の大クスノキチェックした作品をもとに関連する作品を探す

東京都利島村指定文化財 指定保存樹木 イヌマキ  別名 クサマキマキ
天皇子神社のケヤキ
蓮着寺のヤマモモ
柳沢家のアサダ
太田の大トチノキ
ページトップへ